-天気予報コム-

Asahi NEWS

Powered by Six Apart

« 2011年1月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月の6件の記事

2011年3月29日 (火)

山口教組様からメッセージをいただきました。

謹んで地震災害のお見舞いを申し上げます

 このたびの東北・関東地震・津波により被害を受けられました県民の皆様・教職員の皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げます。

 多くの児童・生徒や教職員の方々が甚大な被害を受けられ、今も困難な状況の中で生活されていることに心が痛みます。

 しかし、多くの被災者の方が自らの行動を持って示された家族愛や相互扶助の精神は、世界の人々も敬服しております。

 様々な困難とともに新年度を迎えられることと思いますが、子どもたちの笑顔を取り戻すためにも一層の教育活動にご尽力いただきますようお願いいたします。

 山口教組は、皆様のご奮闘を祈りつつ、上関原発工事の中止を求める行動を続けてまいります。

 一日も早い被災者の皆様の心の平穏の回復と被災地復旧を心よりお祈り申し上げます。

続きを読む »

2011年3月22日 (火)

埼玉高等学校教職員組合からお見舞いと激励のメッセージ

埼玉高(くじら本部)からメッセージいただきました。どうもありがとうございます。
日教組傘下の高校再建グループで友誼関係の厚い仲間です。がんばります。

__________________________________

このたびの震災、原発事故で被災された皆さまに謹んでお見舞いを申し上げます。

行方不明者が多数おられる中で、各避難所等でのご奮闘に敬意を表します。

私たちも、埼玉の地において、日々刻々報道される事態に憂慮しております。
すぐさま駆けつけて何かの役に立ちたいと考えておりますが、交通事情等でそれも叶わず
忸怩たる思いを抱いております。

こちらでは、被災地へのカンパの実施、救援物資を集めることなどを中心に活動をしております。

埼玉県内でも、被災者受け入れの準備を進めており、行政も県立学校の開放を検討しているところです。

貴組織におかれましては、大変な状況の中で様々な活動をなさっていると思いますが、
どんな小さなことでも結構ですので、協力したいと考えておりますので、何なりと申しつけて
いただければ、最大限の努力を惜しまない所存です。

被災後1週間が経過し、疲労もピークに達していると思いますが、組合員の健康に留意され、
一日も早い復興を願っております。

埼玉高等学校教職員組合(埼玉高教組)中央執行委員長 山田正美

___________________________________

沖縄県高等学校障害児学校教職員組合からお見舞いと激励のメッセージ

沖縄県高等学校障害児学校教職員組合 執行委員長 玉那覇 哲様からお見舞いと激励のメッセージをいただきました。

___________________________________

このたびの東日本大震災により甚大な被害を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げま
す。一日も早い復旧を心より祈っています。

___________________________________

沖縄県は「被災されたみなさま、沖縄へ安心して着の身着のままで来て下さい。
県知事はじめ県民はみなさまを支えます。」というメッセージをいち早く出した県です。

温かい連帯の気持ちが海を隔てて伝わってきます。沖縄の教職員の皆さんありがとう!

静岡県高等学校しょうがい児学校ユニオンからメッセージありがとうございます。

過日、静岡県高等学校しょうがい児学校ユニオンからお見舞いと激励のメッセージをちょうだいしました。

静岡ユニオンは日教組高校再建グループで友誼関係の厚い仲間の組合です。ありがとうございました。

静岡も本地震に引き続く地震の震源になっているようです。お互い気をつけて参りましょう!

気仙沼の仲間から・・・。

気仙沼の役員S先生から無事の連絡が入りました。なんとか皆さん無事のようで何よりです。

報道でご存じのように、沿海地区の被害が甚大で復興にも時間がかかりそうです。被害地の皆さん健康には十分留意されてください!

S先生から気仙沼市内の画像が届きました。許可を得て掲載します。

110318_1455001

110320_1034001

2011年3月13日 (日)

東日本大震災に耐えている会員の皆さんへ。

今回は入試処理の最中に激甚災害が東北を襲いました。

会員の皆さん、宮城県教職員の皆さん、お怪我はありませんか?また学校施設の被害は如何だったでしょうか?二次災害を防止するため今後一週間の行動については十分な注意を払ってください。

また、犠牲となった方々に対して哀悼の意を捧げるとともに、ご遺族に対して心からお見舞いを申し上げます。

先ほど神奈川高教組委員長様からお見舞いのメールをいただきました。下に転記させていただきます。

-------------------------------

被災各県の県教組・高教組の皆様に

このたびの大地震・大津波に遭遇し、貴県において被災された児童・生徒・保護者・組合員・ご家族の皆様に心からお見舞いを申し上げるとともに、復旧に向けて全力を挙げていらっしゃる県教組・高教組の組合員の皆様に神奈川高教組の組合員を代表して激励の気持ちをお伝えしたくメールを送らせていただきます。本来であれば直接お訪ねするか電話等でお伝えするべきかとは思いましたが、たとえ一分一秒であれ、私たちへの対応よりも児童生徒や組合員への対応を優先していただくべきであると考え、あえてメールでお見舞いさせていただきます。神奈川県の県立高校は施設に若干の損傷は出たものの、生徒・教職員については被害がなかったことが確認されておりますが、テレビ等での報道をみれば貴県での被災状況は本県の比ではなく甚大なものと思われます。どうぞご自身の安全・健康に留意されつつ、一日も早い復旧にむけて尽力されることを祈念いたします。なお、お忙しい中ですので被害状況等については日教組から情報収集をさせていただきますのでお気遣いは無用に存じます。また何かお手伝いできることがあればご遠慮なくおっしゃっていただきたいと存じます。最大限の支援をさせていただく決意を申し上げてお見舞いとさせていただきます。

アフィリエイト